債務整理で自宅(家・マイホーム)守って借金解決したい

家を守る

 

債務整理で自己破産だけはどうしてもしたくない・・・、自宅(家・マイホーム)をどうしても守って借金解決したい。。。

 

私は借金返済がほぼ不能になった時でもそう考えていました。

 

それは家(自宅・マイホーム)を好きでいてくれて、快適に住んでくれている『家族』がいるから・・・。

 

 

自分で借金を作って、多重債務して、返せなくなって、どうしようもないバカだと思いますが、それでもどうしても自己破産だけはしたくなかったです。

 

 

自己破産をしないで、自宅(家・マイホーム)を取られずに借金問題を解決して行くにはどうしたら良いのか。

 

本当に本当に良く調べてよく考えました。

 

 

自己破産しないで自宅(家・マイホーム)を守りながら借金問題を解決して行く方法を。

 

その上で私が実践した方法をご紹介して行きます。

 

 

単純に借金返済から逃れたいとか、取り立てが厳しいとかだけではなく、本気で真剣にこの機会に借金問題をきれいに解決して借金を考えない新しい人生を目指すと考えている方にご覧いただけたらと思います。

 

 

 

おまとめローンの審査に落ちたら

借金まみれで首が回らなくなり、おまとめローンの審査で断られてしまったり、クレジットカードが満額で使えなくなって来たら、それはもう、一人では借金問題を解決することがほぼ不可能と考えるべきです。

 

実際、私がそうでした。
私は、多重債務で首が回らなくなり、おまとめローンで何とか返済して行こうと考えました。

 

そのおまとめローンをお願いする銀行は、自分の住宅ローンを組んでいる銀行でした。住宅ローンを組んでいる銀行だったら、そうそう簡単に断らないだろうし、融通も聞くだろうと安易に考えたからです。

 

しかし、現実はそう甘くはなく、おまとめローンの審査は通りませんでした。しかも銀行からもあっさり、『また何かありましたら宜しくお願い致します。』などという、とても簡潔で、ある意味冷たいものでした。

 

おまけにこの時には既に2枚のクレジットカードが満額で使えなくなっていました。

 

おまとめローンの審査に落ちるまでは、『今度はどこのカードを作ろうか』などと考えていましたが、さすがにおまとめローンの審査に落ちたというショックはかなり大きくてショックを受けました。

 

しかも住宅ローンを組んでいる銀行で断られてしまったという事は私の借金はもう限界まで来ているのだという事を身に染みて感じました。

 

普通に考えたら、住宅ローンを組んでいるお客のおまとめローンを断るという事は、住宅ローンの返済も滞って、結果的に銀行も被害を被る訳ですからね。

 

それでも、お客(私の事)のおまとめローンを断るという事は本当に、返済能力は皆無に等しく、さらに言うと見放されたとしみじみ感じました。

 

 

債務整理の専門家に今すぐ相談してください!

教えて教えて!

もしあなたに思い当たるフシがあるのなら、今すぐ債務整理の専門家に相談してください。『今すぐに!』です。

 

毎月やってくる借金返済は、仮に今月何とか乗り越えられてもまた来月やって来ます。

 

ご自分の収入にもよりますが、多重債務になっていて、毎月毎月借金返済のために新たにまた借りるという自転車操業的になっている借金は、基本的にもう、自分一人では返済しきれないと考えたほうた良いと思います。もう、自分一人では借金問題を解決出来ません。

 

 

下記に、債務整理の専門家として有名な3事務所をご紹介します。

 

以前は、借金が返せなくなったら、自己破産という選択しかなかったのですが、今は任意整理や個人再生など、自己破産のように何もかも無くなってしまうようにすることなく、法律の力を借りる事によって出来る借金返済方法があります。

 

下記にご紹介する法律事務所、司法書士事務所は債務整理の専門家ですから、きちんと現状を相談してご自身に合った借金返済方法を提案してもらってください。
費用も分割払いなどかなり相談に乗ってくれます。

 

 

私のように、おまとめローンの審査に落ちた方、多重債務で自転車操業になっている方は、今すぐ相談してください!相談は無料ですから、それが一番です。

 

今すぐにです!

 

自分の未来のため、そしてご家族の未来のためです。

 

 

債務整理の無料相談窓口『街角相談所』

債務整理の無料相談窓口『街角相談所』

 

3分で出来る、匿名可能の無料診断シュミレーターで借金返済の方法や返済額までわかります。

 

『街角相談所』の借金診断シュミレーターは借金問題解決の糸口として、多くの方に利用されてきている「老舗」のシステムです。

 

 

シュミレーターの内容も簡単で無料、しかも匿名で出来ますし、自分に合った、借金返済方法やその返済額まで教えてくれます。

 

もちろん回答は債務整理を得意とした弁護士さんや司法書士さんですから安心です。

 

その後のしつこい営業電話などもありませんから、まずはご自分の借金がいくらになるのか確認してみて下さい。そして、ちょっとでも気になったらご自分から借金解決に向けて動いて下さい。

 

少しでも早く動ければ少しでも早い明るい未来が待っています。

 

詳しい内容や方法は下記公式HPに記載されています。

 

債務整理の無料相談窓口『街角相談所』

 

 

 

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)

 

『債務整理や借金整理のことなら』というくらい、借金問題に精通したイメージのサンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)さんです。

 

元々サンク総合法律事務所は樋口総合法律事務所という名称だったのですが、法人化に伴って【サンク総合法律事務所】と名称変更されたそうです。

 

サンク法律事務所さんの良いところは何と言っても、親身になって相談に乗ってくれるところだと思います。上の写真からも想像出来るかと思います。

 

借金問題の相談は『思い切って相談する』事が何より大事です。

 

そして思い切って相談された方は皆、『あの時思い切って相談して良かった。』と思っていらっしゃいます。

 

借金返済、借金催促は、決して待ってはくれません。

 

思い切って相談を!

 

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)

 

 

 

 

ウィズユー司法書士事務所【任意整理相談所】

ウィズユー司法書士事務所【任意整理相談所】

 

精力的な業務内容で、最近多くの件数をこなされているウィズユー司法書士事務所【任意整理相談所】

 

写真にも掲載されている奥野司法書士を拝見してもその精力的なイメージが伝わってきますね。

 

ウィズユー司法書士事務所のおススメはヤミ金被害にも強いですから、万が一、ヤミ金からの借金もある方は一緒に相談して解決して行く事が可能です。

 

ウィズユー司法書士事務所【任意整理相談所】

 

 

 

自己破産しないで借金問題解決に適用した方法とは?!

家が好き!

 

自己破産しないで、自宅(家・マイホーム)を守って私が実際に借金解決に適用した方法とは、債務整理のひとつ、【個人再生(民事再生)】という方法です。
【個人再生(民事再生)】は一番のメリットは自宅(家・マイホーム)は取られないで借金問題を解決できるという事です。

 

 

ただし、【個人再生(民事再生)】は裁判所の認可が必要で、そのための条件をすべてクリアしなければなりません。

 

このあたりは今後お伝えしていきますが、借金額を1/5とかに圧縮してくれて、それを3年間で返済していくという方法です。

 

私は900万ちょっとの借金額があったので本当に救われました。

 

 

ちなみに、自宅(家・マイホーム)以外のローンを組んでいるものは基本的に全て引き上げられます。

 

私は車を引き上げられました。

 

最初、法律事務所に相談した時には抵抗感がありましたが、良く考えてみれば自宅(家・マイホーム)が守られるのなら全く問題ないと考えられるようになりました。

 

 

ちなみに相談当初、私は任意整理という債務整理方法を希望していました。任意整理はもちろん自宅(家・マイホーム)は守られて、車も守られる、返済方法は金利分が無くなり、元本のみを返済していくという方法です。

 

 

でも話しを伺っていくと、当時の私の月返済額は住宅ローンは別として、約20万円あったのですが、金利を引いても20万円が16万円くらいとの事で、それではやっぱり無理があると思い、車を手放して【個人再生(民事再生)】を選びました。

 

 

 

 

 

 

 

借金って時効があるの???

借金をした場合、借りたお金、そして利息もしっかり返済していかなくてはいけませんが、どうしても返済ができなくなるということは少なくありません。できることなら借金は返済せず時効を成立させたいと考えている人もあるのではないでしょうか。貸金業者から借りた場合、一般的には5年で時効になるとされています。そして個人間の間では10年程度とされています。業者からの借金の場合は、5年間返済しない、業者と連絡しないとなると返済する必要がなくなるのではというイメージもありますが、実際にはそう簡単なことではありません。単に期日が経過して自然に返済義務がなくなるというわけではありません。時効を成立させるには時効の援用が必要で、支払う義務がないということを明確に主張する必要があります。この方法は内容証明郵便による方法が効果的で、弁護士など専門家に依頼すればより効果的です。手続が無事に終われば借金の返済義務はなくなりますが、現実には5年以上逃げ切るということはかなり難しいものがあります。相手方から取り立てや催促がまったく行われないということはありませんし、途中で一部でも支払ってしまうと時効はまた5年間中断されることとなります。さらに、後で払う、借金の減額を依頼するなど借金をしていることを認めることも禁句です。借金のことで悩んだ場合も、時効を待つだけではなく、債務整理やおまとめローンなどで解決できる方法もありますので、それぞれに合う正しい方法で借金問題を解決させていきましょう。