旦那に内緒で借金

旦那に内緒で借金

 

主婦が借金をするとき、ほとんどが旦那に黙って行っています。

 

少額だからお金を借りてもすぐに返せるだろうという安易が考え方から借金をしてしまいますが、想像以上に利率が高くなると、返済が困難になってしまい、他の金融会社からお金を借りて返すという自転車操業のような状態になってしまうことがあります。

 

旦那さんに内緒で借金をし、自転車操業に陥ってしまった場合は、最終的には返済できない状態になってしまいますから、旦那に黙っていても督促状などが家に届くので借金をしていたことがばれてしまいます。

 

お金を貸す側からすれば、主婦がもし返済できなくなっても、旦那が働いているので安定した収入があり、返済できると見込んでいます。

 

そのため、もし借金した主婦が返済できなくなった場合は、旦那さんへ取り立てをすることになります。旦那さんに秘密にしてお金を借りていた場合は、旦那への取り立てが始まる前に事情を話しておくべきですし、絶対に話しておいたほうが良いでしょう。

 

 

もし旦那さんが妻の借金を払わないという場合には、主婦であるご本人が債務整理をすることになります。ただ債務整理をした場合は、将来、住宅ローンを組んだりするときに保証人になることができませんから注意が必要です。

 

旦那さん名義の住宅ローンを組んでも保証人にはなれませんから、保証人になってもらう人を探す必要が出てきます。また、債務整理をしても借金はなくなりません。毎月の返済額は今までよりも少なくなりますが、借金は残っていますから、継続的に返済をする必要があります。