自己破産の事故情報機関

余裕を持った借金計画を

自己破産の事故情報期間は、どのくらいなのかは気になるところですが、実際のところ、それぞれの信用情報機関によって違うようです。

 

登録抹消期間はそれぞれで違うので一概には言えませんが、大体5年くらいです。

 

自己破産後、5〜7年はクレジットカードやローンは不可能な生活になるので、その間、不便な生活を強いられることになります。

 

官報情報の登録期間では、官報に公告された破産手続開始の決定日から10年を超えない期間と告知されているので、最長10年は、ローンなどの利用は難しいと考えたほうがいいでしょう。

 

ただ、あくまでも難しいというだけであって、不可能とは言い切れません。銀行に住宅ローンを申し込む場合、少なくとも自己破産の決定開始から10年を超えてからした方がいいということです。

 

自己破産の事故情報はこのように、いつ消えるのかというと、はっきりとは言えませんが、一定期間が経てば削除されるのは間違いのないところです。

 

延滞してしまった人が、正常に返済を続けていけば元に戻るのと同様、自己破産してしまった場合でも、信用が永遠に戻らないわけではないということです。